株式会社西村林業

事業内容Service

山林事業

植林 保育除間伐 収入間伐  皆伐

森林保育

地拵え、植林、下刈り、枝打ち、除伐、間伐など主に森を育てるために行う作業です。

地拵え

植林の為に地面を片付ける作業で、障害物を取り除き、植え付けを行うための棚を作成します。

植林

苗木を植えます。計画的に植え付けのための穴を掘り、肥料とともに丁寧に1本ずつ植林します。植え付け後は踏み固めます。

下刈り

大切な材となる幼木の成長を妨げる草や蔓を刈り取ります。植栽から数年間は、幼木が小さいために下草の背丈が高く、日光が十分に当たりません。下草の成長が著しい夏場に下草を刈り幼木に十分日が当たるように手入れします。

除伐

不要な幼木を取り除き森としての整備をします。生物多様性の観点から有用な広葉樹は切らずに残します。

枝打ち

節の無い良材を作るために枝を打ちます。日の当たらない枝枯れ枝となり落下し、枯れ枝が残りやすい木はその節が残り、木材としての価値が下がります。病害虫の予防のためにも重要な作業です。

間伐

成長に伴って木の密度が高くなった林では間引きをします。成長の遅い劣勢木やねじれ・まがりのある木を中心に、間引きます。山から搬出できる材は、間伐材として利用が可能ですが、急傾斜地など搬出が難しい場所では切り捨て間伐を行い山の涵養や地表面が流れるのを防ぐ役割も果たしています。

素材生産

成長した木を切り倒し、木材として利用する伐採や搬出などの作業を素材生産と呼びます。

皆伐(かいばつ)

木材として収穫する作業です。対象となるエリアの木をすべて切り倒すのが皆伐です。環境に与える影響も考慮して1回あたりの皆伐面積を小さくしたり、一定の幅で皆伐する帯状皆伐などを行なったりする場合もあります。

経路

伐採した木を搬出するための経路をつくります。間伐では搬出にかかるコストを抑えるため、なるべく重機による集材を行っています。

重機集材

重機で木材を搬出します。枝を払った後に、一定の長さに切り揃えスイングヤーダーなどで集材し土場まで搬出します。

運搬

集材した地点から木材を搬出します。我社では、グラップル付木材運搬車で運んでいます。

森林調査

様々な林地における植生及びその周辺環境に対する各種調査を行います。

現地調査・測量

調査員が森林現地に入り調査を行います。調査内容は、標準地調査・四分角調査・植生調査・整備工種調査・簡易測量・ポケットコンパス測量など目的に応じてさまざまな調査項目があります。ポケットコンパス・GPSを用いた林地内の簡易測量なども行なっています。

計画資料の作成

現地調査のデータをもとに伐採率・整備工種の位置および数量・植物群落の把握などの調査結果に基づいた成果物の計画資料作成を行います。また、将来に向けて山林・土地管理をどうしていくのかというグランドデザイン・プランニングを50年~100年以上に亘って計画立案します。

山林売買・仲介

山林立木の買取や、山林を手放したい、山林が欲しい等のご事情・御要望に合わせて売買・仲介も行っています。

小水力発電

西村林業では地域の方々と小水力を活用した発電事業を進めています。また、地域の発電事業のコンサルティングや事業支援をしています。地域で作ったエネルギーで地域や山林の活性化に取り組んでいます。

安全への取り組み

作業者の疲労軽減や安全対策のためにスチール防護具・防護衣を使用しています。

弊社では作業員の安全のために作業時にスチールメーカーのヘルメットを着用しています。また、作業着は作業が楽にできるように、高機能で快適な上下ワークウェアを着用し作業者の疲労軽減や作業快適を目指しています。また、弊社の重機等のキャビンは、ハードガードを設え不慮の事故に備えて作業者を守っています。